英語を話すのに必要なたった2つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語と日本語は仕組みが全く違います。
まずはそのことを理解して、今までの勉強方法を変えたらいいんだっていうのが今日のお話。

英語というのは組み合わせ言語で、ピースとピースが組み合わさってできています。
私は、それはパズルのようだと思ったので、「パズルイングリッシュ」と名付けました。

英語のルールはとても明確で簡単です。
英語について何かを聞かれると、私はほとんどのことは明確に答えられます。
それは私が有能だからではなく、英語の構造やルールが明確だから。
そのルールに照らし合わせて、なぜそうなるのかを答えているだけなんです。

英語はいちいち筋が通っています。だから全部明確です。
明確だから英語の構造、枠組みさえ分かれば誰にでもできるんです。

英語では枠のことをコンテクスト、その中身のことをコンテンツ、と言います。
日本人はみんなコンテンツをいっぱい憶えています。
学校でいっぱい勉強させられるから。
構文とか単語とかたくさん覚えましたよね?
ところが皆さんの中に枠がなかったので、どんなに勉強してもかたっぱしから漏れていっていました。
今まで詰め込んだコンテンツを使えるようにするためには、枠組みが必要なんです。

それは英語の取り扱い説明書のようなものです。
喋るための取り扱い説明書。
読むための取り扱い説明書。

取り扱い説明書を読んだら、あとはひたすら繰り返してみることが大切なんです。

正しい取り扱い説明書と、楽しい反復練習。
英語ができるようになるために必要なことは、この2つだけなんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*