結果を出す人と出さない人の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人を誘うのってすごく大事ですが、ただ誘うっていうのはあくまで「誘う土台」なんですね。
その土台ができたら、今度は結果を作りたいですよねっていうのが、今日のお話。

誘うことと結果を作ることは違います
結果を作る事、あるいは何かの意図を達成することは、人が一番欲しいことです。

それを作り出せるかどうかは実は早い段階で決まっています。

結果は会った瞬間に決まるからです。
恋愛で言うと一目ぼれって言うやつですね。

仕事だったら「ひらめき」だったり、「直感」だったり。
ビジネスパートナーもそうですね。沢山いる中でなぜそん人を選んだかというと、
それは選んだものに「惹き」があったからです。

そんなことに心当たりないですか?
例えば、
すっごくきれいな白いスカート、一目で気に入っちゃいました。
白いスカートはたくさんあるけど、このAラインのこれが良いのよって。
本当はタイトの方が自分に似合うし、今後の使い勝手もいいんだけど。
色だって他に黒いのも茶色いのもあるけど、汚れが目立って、ひと夏でだめになる白いスカート、どうしてもその魅力に抵抗できなくて買っちゃうんですよね。
そんな白いスカート。白いスカートがあなたを「惹いたから」です。

人生で勝つ方法は「惹き」につきます。
だから皆さんは欲しいものを手に入れたかったら、「惹き」を作ることです。
もうこのことだけに人生をかけたいところです。

そこで、自分が白いスカートじゃなかったらどうすれば良いのか心配する人がいます。
「じゃあブスはダメなの?」とか、「バカはダメなの?」「お金がない人は仕方ないの?」って。
「背が低くて太っててブ男はどうすればいいの?」って。
そんな心配をしちゃうんですね。
それはまた次回にお話しします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*