英語を教える技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語がペラペラだからと言って、英語を教えられるわけではありません。
自分で英語が喋れることと、人に英語をできるようにさせることは全く違うことなのです。
英語を教えるとはどういうことなのかっていうのが、今日のお話。

私たち日本で生まれ育った日本人は日本語がペラペラです。
このブログを読んでいる皆さんも日本語はペラペラだと思います。
生まれてから2~3歳でもう日本語はマスターしていましたよね?

じゃあ全く日本語ができない人に、日本語を教えるとしたらどうしますか?
文法の質問に答えられますか?
答えられないですよね。
日本人は日本語の文法なんて意識しながらしゃべってないんです。

英語ができる人もそれは同じです。
日本にも英語がペラペラな人はたくさんいます。
でも自分が喋れても人に教えることはできないんです。
喋れる人はいちいち文法のことなんか考えて喋ってないんですね。

だから教え方なんて分からないんです。
極端なことを言えば、英語の教え方が分かっていれば、自分はたいして英語が喋れなかったとしても、人に英語をできるようにさせることができるのです。

今までの日本の英語教育は、英語を話せるようにする教育ではありませんでした。
正しい教え方を身に着けることで、英語ができる皆さんの英語力をリユースすることができます。

そのためにはまず英語と日本語は全く違う言語だと知ることが重要です。

私はどうして日本人は英語ができないんだろうってことを真剣に考え続けました。
10年も考え続けました。
そしてやっと分かったんです。
日本人は、あくまで日本語の枠組みの中から英語を学んでるんです。
日本語と英語は全く違う言語なのに、日本語として理解しようとしているんですね。

英語のできる皆さんが、教え方を身につければ、英語が話せる人はどんどん増えていきます。
そうすれば世界に貢献する日本人ももっともっと増えていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*