最初のデートでプロポーズ。そして3ヶ月で結婚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は8歳年上の夫から最初のデートでプロポーズされて結婚しました。
よく決断力がありますねって人から言われたけれど、決断力があったのは私の方ではなかったっていうのが今日のお話。

好きで付き合った夫との最初のデートですけど、そこでいきなり「結婚しよう」って言われてもね。

「いやいや、しないでしょ、無理。」って速攻断ったんですね。
そうしたら夫は
「そうだよな、、、まだ若いもんな〜」って物分りよく引くんです。

でもしばらくするとまた「結婚しようよ」「結婚しないか」「結婚したらどうかな」
「俺と結婚すると楽しいと思うんだよね」って、やたら一言で言い切るプロポーズの大量行動をとるんですよ。

7回ぐらい言われ続けると、私もまあいいかな、と思えてきて、夕方ぐらいには「いいよ」て言っちゃたんです。
でもまだ24ですからね。結婚願望なんて全然ないですし、まがりなりにも結婚したら一応一生添い遂げるわけですから、急に不安になってきました。「この人でええんかいな?」って。

「結婚してもいいけど、あなたと結婚して幸せになれるか分かんないしなあ」って往生際悪くぶつぶつ言いました。

そしたら夫は
「どうしたら分かる?」って聞いてきたんですよ。

どうしたら分かるんだろう…?って考えてもわからなくて、とっさに「お母さんに聞いてみる」って答えました。
私の母親はすごく強くて、たくましい人で、私は24にもなって母に頼ってたんで思わずそう言ってしまったのです。

すると夫は「今電話して」っていうんですよ。
実家は関西で、その時もう夜遅かったんですけど、夫は「今、今」って言うから。

私は仕方なく母に電話をしました。

電話に母が出て、私は母に「結婚したいって言ってる人がいる」って他人事みたいに言ったんです。
そうしたら、母は二つ質問をしました。

「その人いくつ?」
夫は32か33だったんでそう言ったんです。

「その人プロポーズしてくれたはるの?」関西弁で聞きました。
私が「そう」って言ったら、母は「良いわよ」って言ったんです。

そしてその一週間後、夫は夫の母に私を紹介し、2週間後に彼は奈良の実家に来ました。
そして3か月後に結婚式をあげました。

なんでそんなに急いで結婚するんですかって、私の母も言ってました。
色々準備があるんですよこっちもって。

「なんでそんなに急いで結婚するの?」って聞いたら、夫は「おばあちゃん死にそうだから」って言うんです。
大好きなおばあちゃんなんですね。
あと、夫は大学卒業後ずっとアメリカで働いていてやっと日本に帰ってきて私と出会ったのです。
「早くしないとまたアメリカに飛ばされる。俺はどうしても日本人と結婚したいんだ」と自分中心なことをいろいろと言ってました。
とにかく逃すまいと必死でした。

私も私で、「なるほど、それだったらしょうがないよね」って思ってしまいました。
こう思えるところが相性がいいというか、縁があるというか。

ある日二人でドライブしていたら、たまたま虎ノ門あたりを通ったときにホテルがあってね、夫は急に「ここで結婚式あげよう」って急にどんどん車を入れて、入っていっちゃうんです。

それで年内どっか空いてませんかねって、フロントで交渉を始めました。
年内ってあと3ヶ月ですよ。
いやー空いてませんね、って言うんですけど、「仏滅はどうですかね」とか聞こえてくるんです。
「ついでに仏滅だと、ディスカウントとかあるんですかね〜」とかいう声も聞こえました。
なにしろケチだからね。

そうしたらなんとクリスマスのあたりが奇跡的に空いてたんですね。
そりゃそうよね、クリスマスシーズンなんだから。
その日に私たちは結婚式を挙げました。

新婚旅行もニュージーランドにいくはずだったのに結婚式の当日ニュージーランド航空がストを起こして成田で足止め。
「もう、どこでもいいからどっかいこうぜ」って言うから、成田のホテルに2日間籠城した後シンガポールに行きました。
なにしろ最初から最後までとんだ珍道中でした。

結婚が急だったので親戚や周りの人の間では、「なんでそんなに早く結婚するんだ」って物議をかもしだしていましたが、夫は周りのことなんか知ったこっちゃないという在り方でした。

いやー、欲しいものを手に入れるということは、やっぱりこういうことだなって思った次第です。

私の夫は本当にすごい。

———————————-
■特典「誘客と英文法図案化シート」

なぜ専業主婦歴18年の私が口コミだけで700名の生徒を集められるようになったのか

■一般社団法人パズルイングリッシュ協会
http://puzzleenglish.jp/
———————————-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*