Sheet3:英語の動詞はたった3つの中から選択するだけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語はSとVからできています。
パズルイングリッシュ7つのシート、 3シート目には動詞のことが書いてあります。

動詞、Vの選択、というのが、今日のお話。

動詞「Vの選択」です。
主語の「Sは創作」しましたが、Vは創作はしません。
動詞は「Do」「Be」「Have」の中から選択するんです。

日本語は意味言語なので、そもそも選択はありません。
例えば、「来客中です」という言葉があります。
「来客中」は意味言語です。

「今話せる?」
「ダメです、来客中です」って言いますけど、来客中って主語がないですよね。
やっていることなのか、状態なのか、存在なのか、よく分かりません。
でも英語はどれかを選択するんです。

選択は「Do」「Be」「Have」の3つしかないからです。
どれかを選択してみましょう。

例えば、「彼はチャレンジャーである」って言いたい時。
「Do」を選択すると
He challenges.
彼は挑戦する。
やっていることですね。

「Be」を選択すると
He is a challenger.
彼は挑戦者である。
これが状態です。

「Have」を選択すると
He has a challenging spirit.
彼にはチャレンジ精神がある。
存在するってことですね。

3つのどれでも言えるんです。
あとは選択するだけ。

あなたが「do」を選択したら do なの。
「be」を選択したら be です。

I am hot.
これを「do」でやったら
I feel hot.
になります。

そして「be」 と「have」は仲間です。
状態と存在って似てるんです。

どう違うかと言うと、状態っていうのは、なにかを描写できるんですね。
「青いよ」とか、「これはコップだよ」とか。
でも存在っていうのは説明できないんですよ。

日本語では「何かがある/誰かがいる」としか言えないんです。
「コップがある」
「ある」以外は表現できない。

「愛がある」とか、「熱がある」とか。「猫がいる」「人がいる」
「ある/いる」としか言えないんですね。

この存在文については、次回、くわしく見て行きましょう。

きっと英語のシンプルさに感動しますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*