あなたが知らない日本語と英語の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語と日本語は全く違う言語です。
そんなの当たり前だと皆さん思うかもしれません。
でも、何がどのように違うのかを分かっている人は実は少ないんです。
では英語と日本語はどのように違うのか、二つの言語の秘密…っていうのが、今日のお話。

英語と日本語は何が違うのか、それが分かっていないと英語を教えることはできません。
私は日本語を「意味言語」、英語を「組み合わせ言語」と呼んでます。

日本語は言葉自体に意味があるので、「意味」でメッセージを伝え合っています。
例えば
「ただいま」
「ごちそうさま」
などはとても意味言語らしい言葉です。
その言葉自体に意味があるのでそれだけで伝わります。

一方、英語は「組み合わせ言語」です。
英語だけでなく、ラテン語、ドイツ語、フランス語、全部そうです。
S(主語)とV(動詞)の二つが組み合わさってできています。

「ただいま」は英語では「I am home.」ですね。
日本語の「ただいま」には主語も動詞もありませんが、英語は必ずSとVが付いてます。

「どういたしまして」は英語で「You are welcome.」です。
これも日本語にはないSとVが付いてます。

英語が喋れるということは、頭の中にある日本語を、瞬時に SとV で出すということです。日本語にはないSとVを瞬時にアウトプットするんです。

英語を教えるためには、まずそのことを理解しているといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*