日本に効果的な英語教育メソッドを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人はとても勉強熱心です。
英語もとてもよく勉強しています。
それなのに英語が喋れる日本人はとても少ないですね.
あんなに勉強したのにどうして英語が喋れないのかっていうのが、今日のお話。

日本の学校では何年間も英語を教えます。
でもほとんどの人が英語を話せるようになりません。
これは世間でも良く言われていることですね。

あんなに何時間も勉強したのに、なんで喋れないんだろうってみなさん思いませんか?
それはみなさんのせいじゃないんです。
全ては日本の英語教育のシステムの問題なんですね。大学受験も文法や読解中心ですものね。

子供時代にドイツの学校に通っていた私は、語学の大切さを痛感していました。
ドイツ語を教えられないまま現地校に放り込まれ、言葉がわからなくて辛酸を舐めました。
語学は私にとって国際交流などではなく「生存」がかかっていたのです。
それもあって、日本に帰ってきて一生懸命勉強して上智大学外国語学部に入学しました。
上智大学外国語学部はバイリンガルや帰国子女も多く、日本語を介在されないで授業が展開されます。
教授はほとんど外人ですからね。
すごく語学にたけている大学なんですね。

私は英語が好きだったので一生懸命勉強したし、成績もすごくよかった。
でも、思うように英語を話せるようにはならなかったんです。

理由は簡単。
私が一生懸命勉強したのは、いわゆる受験英語だったわけです。
ノートにひたすら書いて覚えるような、ブックイングリッシュ。
日本語と英語を訳していく訳読式の英語です。

今ならよく分かりますが、そんな勉強をいくらしても英語は喋れるようにならないんです。
なぜなら、英語と日本語は全く違う言語だから。
それがわかっている先生はなかなかいないですね。

もう本当に、「日本人に英語を喋らせないようにする」っていう陰謀があるんじゃないかっていうくらい、日本の英語教育では英語は喋れません。

私は上智大学で帰国子女の子達がペラペラ喋れるのを見て、かっこいいなぁ…、うらやましいなぁ…、私もあんなふうに喋りたいなぁ…いつか、いつかって思っていました。
でもどうやってやるのかもわかりませんでした。
これが私の今のビジネスの源泉となる体験かもしれません。
英語が喋れたらきっとこの仕事はやっていなかったでしょう。

大学時代の私のように今でも思っている人は多い思います。
だって私が勉強していた頃と今の教科書はほとんど変わっていないんです!
先日、中学生の教科書を見てびっくりしました。
まだこんな効果的じゃない勉強方法をしているのかと!
昔ながらの受験英語が今も踏襲されてるんですね。

そんな勉強を一生懸命やったって英語は喋れるようになりません。
日本人って真面目で優秀なんです。
だから本当に熱心に勉強するんですね。
でも、このままじゃいつまでたっても日本人は英語を喋れるようにはなりません。

はやく、正しく効果的な英語学習メソッドが日本中に広めたい!

日本には英語を話せるのに活かしていない人が沢山います。

彼らは日本の眠れる資産です。
私はそれを掘り起こしたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*