日本の学校では教えてくれない助動詞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

助動詞には実は2種類あるんですね。
でも日本の英語教育ではこのことを明確に教えられません。

2種類の助動詞とは何かっていうのが、今日のお話。

まずはみんなが知っている助動詞の話です。
「will」「can」「may」「must」「shall」ですね。
これは私が気分助動詞と呼んでいて、話し手の気分や感情を表現してます。

I   can do that.
You  may come.
これが、みんなが助動詞と呼んでるものです。

もう一つは時制助動詞。
「be」「do」「have」(「will」)
この4つで時間制をあらわしています。

willは気分助動詞の仲間で、おそらく「予測」のニュアンスをつかって

未来を表しています。

今の学校文法では、知らない人が多いんです。
これが助動詞なんだってことを。

do be haveが動詞とbe do have助動詞があるんですね。

同じ形だよね。

例えば、
I  don’t do my homework. 私は宿題をやりません。
Sは「I」
V は「do」
「don`t 」は助動詞AVですね。
否定文と教わりますがdon’tは、時制助動詞なんです。
doやdon’tはいつも繰り返しやること、または永久的、普遍的なことを表す助動詞です。

他にも
I  have had  an accident. 私は事故を起こしたことがあります。
Sは「I」
V は「had」
「have」はAVです。
これは今現在での累積経験を表す助動詞。

I  am dancing. 今ダンス中です。
Sは「I」
V は「dancing」
「am」はAVです。
これは今一時的にやっていることを表す助動詞。

これらはすべて時制助動詞なんですね。

SとVの2枚のぱずるのどちらかにAVがくっついて全部で3枚のパズルで時制を表現できるのです。
パズルイングリッシュでは、日本の学校文法で誰も扱わないこれらの助動詞を扱うので生徒さんは一瞬で時制助動詞を選択を出来るようになります。すごいことです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ専業主婦歴18年の私が口コミだけで700名の生徒を集められるようになったのか

誘客と英文法図案化シートで、
英語で独立する可能性が手に入る。


あなたの英語力 ReUSEしてみませんか

・せっかく海外留学経験があるのに、
 英語を使わない仕事をしている

・英語は好きで得意なのに、
 日常生活で使う機会がほとんどない

・いつか英語を使ったビジネスで
 起業したいと思っている

そんなあなたに、英語で独立する可能性の詰まった「誘い方・教え方シート」プレゼントします

クリックして詳細を確認する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*