共感を呼び込むシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストーリーが人から人へ伝播します。
人生で、いつまでも話したい話って皆さん持ってないですか?
すべらない話っていうの、みんな持ってると思うんです。

もう何百回も話してるから、面白おかしく話すのも慣れてきて、ちょっと脚色しちゃったりして。
そんな小ネタをあなたは持ってるんです。
それは伝播されるストーリーですよね。自分に関してかもしれないし、家族のことかもしれない。
でも忘れちゃう話もありますよね?

じゃあ心に残る、シェアされる話ってどんな話なのかっていうのが、今日のお話。

なぜ専業主婦歴18年の私が口コミだけで700名の生徒を集められるようになったのか

忘れちゃう話っていうのは、あなたの心に残る価値がないからです。
シェアはずっとあなたの心に残ります。
残るということは、純粋に面白いシェアなのです。
おちがあるとか、すべらないとか、うけるとか。
面白いってことがまず大事なことですよね。

もう一つ大事なのは分かりやすいこと。
人にすぐ伝わって、共感を呼ぶということは、分かりやすいってことが大事なんです。

私はパズルイングリッシュを作ってからずっと、意図的に伝播しようとしているものがあります。
それは、ビジネスをやるための志であり、ビジョンであり、共感者や後援者を呼び込むためのシェアです。

「三方良し」って言いますよね。
自分良し、お客様良し、世間良し、ということです。
近江商人の言葉なんですけど、私これがとても好きなんです。
日本だけじゃなくて海外にだってある考えです。

ビジネスをやっていて迷うときには、私はこの三方良しに立ち返ります。
自分はちゃんと自分の能力に相当するフィーをもらっているだろうか、
提供してる人に、この値段よりもすごいと言わせるような期待以上の価値を与えられているだろうか、
そして、この仕事をやっていることで私の家族が喜ぶだろうか、みんなが応援してくれるだろうか、世の中に貢献できるだろうか?

自分、お客様、そして家族、あるいは友達です。
私の家族が私を恥ずかしいと思うと困りますからね(笑)
家族は私を応援してくれるだろうか。
友だちは「英語ができる人がいたら絶対伝えるよ」って言ってくれるだろうか。

人には本来人の役に立ちたいという第一義的な関心があります。
志あるビジョン、社会に貢献があるのか、そのことが人の共感を呼ぶのです。
共感を呼び込むシェア、後援者を呼び込むシェアとは、ひとつは、志や貢献が伝播されていると思います。

でもまずはおもしろいこと。
面白いことは大事ですね。
難しいと伝わらないから。
哲学の話をしてもなかなか伝わらないですよね。

みんなに伝播すること、そして、みんなが「それはいいね」って思うもの。それはやっぱり三方良しですよね。

———————————-
■特典「誘客と英文法図案化シート」

なぜ専業主婦歴18年の私が口コミだけで700名の生徒を集められるようになったのか

■一般社団法人パズルイングリッシュ協会
http://puzzleenglish.jp/
———————————-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*