誘客:あなたはすでに嫌われています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1番目、オープニング。
結果は会った瞬間に決まっていましたね。

大事なのは「惹き」です。

では出会った瞬間にやってはいけないことは何かというのが、今日のお話。

出会った瞬間に創り出すことは「惹き」です。
くれぐれも「押し」てはいけません。

なぜかというと「あなたはすでに嫌われているからです」

何かに誘う時点で、あなたはすでに嫌われています。
なぜかというと「下心」があるから。
隠し持った密かな企みです。
この下心は透けて見えるので「押し」になるのです。

残念ながら、あなたはすでに嫌われています。

「すでに嫌われている」
皆さん、善良で良い方ばかりですから、残念なことに、このことを知りません。

あなたのためを思っているのに…、とか
これは良いものなのに…、とか
涙ながらに押しまくって、そして嫌われれていく。
善人残酷物語です。

高いものを売りつけたり、「英語やってよ」って言ったり、
これは押しなんです。

ダメなんです最初から。
もうファーストステップで間違えてるから。
あなたはすでに嫌われているんです。

ここでやることは「これ以上嫌われない事」です。
だから「惹き」がいるわけです。

必要なあり方は「オープンでタブーなし」です。
英語ではbeing authenticといいます。

惹きをどう創り出すか、オープンでタブーがないあり方というのはある人にとってはとても難しい。
そしてある人にとってはとっても簡単。
パズルイングリッシュでは「惹きを創るための7つの定義」を提供します。
人生で勝ち組みになるための方法です。

さて、1番目のオープニングですが、これは一瞬。
大事なのは「これ以上嫌われないこと」。
3秒で「惹き」を創り出します。

2番目はメインパート。
98パーセントはここに詰まっています。
ここで何をすればいいのか…、それはまた次回にお話しします。

———————————-
■特典「誘客と英文法図案化シート」

なぜ専業主婦歴18年の私が口コミだけで700名の生徒を集められるようになったのか

■一般社団法人パズルイングリッシュ協会
http://puzzleenglish.jp/
———————————-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*