英語の先生を作る先生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人では日本中の人に英語を教えられないことに気づいた私は、インストラクターを作ろうと決めたっていうのが、今日のお話。

生徒が増え続けた私は、
「そうだ、英語のインストラクターを作って、パズルイングリッシュメソッドを日本中に広めてもらおう」と決めました。

翌日にパズルイングリッシュ協会を作り、英語の先生を作るビジネスを創作したのです。
私がいくら一人でやっていても日本中に広がりません。
何しろ一億二千万人もいますからね。

効果的なインフラを作るためには、教え方をマニュアル化できたらいいなと思いました。

それはプレゼンをやり出して半年ほどたった時です。
その時に先生を作るという業界にはない事業を創作したのです。

私はなんでも一人でやるスタンドプレイヤーだったので、組織を作ったり、物事が拡散していくのはなんだかわからない恐れがありました。
そして大きな志を立てた途端、ちっぽけな私が「あなたにそんなことができるの?」と問いかけてきます。
それはそれは怖いです。

それでも、日本人が当たり前のように英語を話せる効果的なインフラを創るというコミットメントを、周りの人に来る日も来る日もシェアしていました。
いろいろな人に話すうち、周りにいた成功した方々が私の志に共感して応援してくださるようになりました。

私はできることが少なかったので、本当に沢山の方にサポートしていただきました。
協会を立ち上げたばかりの時、同志の方はお忙しいのにいろいろな相談に乗ってくださいました。
その方々の顔が浮かぶと感謝でいっぱいになります。

感謝は必ず成果と達成を作り、源泉に返したいと自分に約束をしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*