TOEICの点数を上げたい生徒には…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生徒さんが一番やりたいを思っている英語学習をやるのが一番いいんです。
トラベル英語や日常会話などいろいろありますね。
TOEICの点数を上げたいという人もいます。
ではTOEIC対策はどうしたらいいのかっていうのが今日のお話。

パズルイングリッシュにはディバイドリーディングっという、英文を読むのに特化したメソッドがあります。
実はこれはTOEIC対策からできたメソッドなんです。

TOEICはヒアリングと読解だけです。
まずはヒアリングが圧倒的に大事です。
でも点数を上げるためには、読解の点数を上げることが必要なんです。

膨大な難しい英文を読む、しかもスピードを上げなければいけません。

生徒はみんな、3か月以内に600点を超えないとダメとか、海外転勤希望だから750点を超えないといけないとか、何がなんでも取らなきゃいけなかったんです。
スピードを上げるためには、英文をいちいち日本語に訳していられないんです。
英文のまま原文リーディングをしないといけません。

そこで英語を訳さず、幹の本体にスラッシュで区切りを入れて、残りの枝葉をカッコで分けていくっていう、原文リーディングのやり方を開発しました。
原文リーディングは日本語に翻訳しないので、驚異的に速いです。

そのために文章を、”divide” すなわち「区切り」ます。
本当にひたすら区切るんですね、

来る日も来る日もスラッシュと丸括弧で区分けリーディングして読解していたら、
293点だった生徒さんは、3か月後に一気に605点に上がりました。
海外転勤したかった生徒さんも500点から750点に上げて上海に行きました。

TOEIC対策はまず読解のスピードを上げることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*