人を誘うのが楽しくなる、知っといたほうがいい3つの真理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、人を誘うのは好きですか?
私は人を誘うのが好きです。
好きというかほとんど癖と言えるかもしれません。
思わず誘っちゃう。
誘っちゃいけない人までうっかり誘っちゃうし、時々誘った人を忘れちゃうこともある。
つまり「動くものはすべて誘う」わけです。
どうして動くものはすべて誘えるようになったのか、そこには佐々木未穂にとっての3つの真理があります、っていうのが今日のお話。

誘うのってとっても難しいと思っている人多いですよね?
私が主催している「誘客セミナー」で質問をすると、人を誘うのが苦手な人と得意な人の割合は、平均8対2ぐらいです。

本当は自分の模擬レッスンやビジネスセミナーに来てほしいのに、なかなか誘えない。
誘ったら嫌われるかもしれないし、断られると傷ついちゃいますからね。
みんなちょっと怖くなってしまうんです。
もしかしたらちょっとではなくて「かなり危険なこと」なのかもしれません。

でも、人を誘うことって本当は誰にでもできることなんです。

だって「一緒に遊ぼうよ」っていう意味だから。

【人を誘うのが楽しくなっちゃう知っといたほうがいい真理その1】

「人は誘われたがっています」

人は誘われたがっているのです。

本当です。

だからあなたはどんどん誘った方が良いんです。

例えば、
周りの友達はみんながバーベキューに誘われたのに、あなただけ誘われなかったらどうですか?
嫌な気分になりますよね?
その日に用事があったとしても、誘われないと嫌なものなんです。
誘われてから、断わりたいのよね。
絶対誘われたくないものだって同じです。
周りのみんなが誘われてるのにあなただけ誘われなかったらそれはそれでえらく腹が立ちます。
「なんで自分だけ誘われないんだ」って。「誘ってこいよ、断ってやるから」って(笑)。

誘われるっていうのは人気のある人だけが得られる恩恵ですものね。
誘われないってことは人気がないからなのよ。

【人を誘うのが楽しくなっちゃう知っといたほうがいい真理その2】

目的は「来てもらうこと」ではありません。
目的は「誘うこと」そのもの自体です。

誘うのは人に対する貢献ですよ。

だって「人は誘われたがっている」んだから。

なぜ「セミナー来てみない?」ってなかなか言えないかっていうと
「NO!」って言われたくないからです。
「YES」と言ってもらうのが目的なんでしょうね。

そこからして、ほとんどの人が間違ってるよね。

セミナーに来るか来ないかはその人が決めますから、あなたの実力や人気とは全く関係がありません。

「来てもらう」ことが目的になってはいけません。あくまでも「誘う」のが目的ね。

【人を誘うのが楽しくなっちゃう知っといたほうがいい真理その3】

実際に来てくれるかどうかは、確率のゲームです。
人はYESと言ってもらうために色々修行しているようですけど。
実力や能力とはあまり関係ありません。

どちらかというと大量行動がいるのです。

心配しなくても大丈夫です。
ほとんど断られますから(笑)

人を誘うことは確率のゲームですから、スキルを上げるよりは、ただ人を誘うという「大量行動」する必要があります。
でないと確率取れないからね。スキルはたくさん繰り返すと自動的に上がります。

NOを言われる分母の数が上がると、自動的にYESの分子の数が上がるのです。

まあ、恋愛においてモテる人はこのことを全員知ってますけどね。
モテる人は、モテない人の数十倍もふられてるんですよ。あなたが知らないだけで。

誘う際には、この3つの真理をぜひとも押さえておいてください。
「人を誘うのは簡単なんだ、人を誘うのは簡単なんだ」と、私は世の中の全ての人に思ってもらいたいのです、はい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*