セカンドテキスト coming soon!~2~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二冊目のテキストは「INTERACT」
ここにはコンテンツが詰まっているわけですが、それがどんな内容なのかっていうのが、今日のお話。

パズルイングリッシュのテキストを作ってくれているのはデザイナーのHちゃんです。
彼女がいなかったら、このテキストはできませんでした。
このテキストは彼女が長い間あーでもないこーでもないと、毎週付き合ってくれて、私と一緒に創作した作品です。

テキストを作るとき、私は生れて初めてアイディアを外に出すことが、ものすごく難しいことだということを体験しました。
世の中の人はみんな、いろんなアイディアを持ってるんです。天才的なアイディアを。
でも、それを世の中に出すために、形にできるかどうかということがビジネスにおいての明暗を分けるんだってことを思い知りました。

私にとってアイディアは知恵を絞って創作するものでありません。私はクリエーターなので、アイディアは突然降ってくるのです。
どんな小さなことからでも、コンテンツを作り出すことができます。
教え方もアイディアも次から次へと流れ星のように降ってくる。

でもそれを形にするのは、本当に大変。

人にはこうしてほしい、ああしてほしいって勝手なことを言いますが自分では形にできません。
だからHちゃんには足をむけて寝られないんです!
Hちゃんがいなかったらもう何もできません!

Hちゃんはものすごく物静かで優しくて天才ですが、実は彼女、英語は好きですがネイティブのように英語ができるわけではありません。
それなのに私の創作をなんでも瞬時に掴んでくれますし、これまでにない英文法をネイティブ発想で再現化できるっていうのはすごいことです。

まず、最初は私の話を聞く必要があるわけです。
人の話をそのまま聞くことだって難しいのに、彼女は私の言ってることを理解して、その上150くらいで返いしてくれます。

普通のデザイナーは100言ったら、まぁ80から70で帰ってくるんです。
80伝わっていれば、私はそれで良しとしていました。

ところが彼女は100言ったら150くらいになって返ってくる。
この聞き耳は普通じゃないです。

私の言わんとすることを汲んでくれて、しかもそれをクリエイトするセンスの良さがある。
色使いも素晴らしい。これはフランス人好む色なんだそうです。
私はとても気に入っています。

「INTERACT」はライトグリーン。
中身はコンテンツです。

S__27762719

「CHANGE」はコンテクスト、全部で7種類でしたが、今回はコンテンツだから、それはそれは膨大な量です。
私はマニアックなんで、ありとあらゆるところから精査し、検証します。
それが1~2ヶ月でできるはずだったんですが、二人で死ぬほど時間使って1年半。
インストラクターたちからは「待ちくたびれました」「遅いです!」と言われ(笑)そのたびに「ごめんなさい」「もう少し、もう少し」とあやまり(笑)、そんなテキストが、やっと完成します!

「INTERACT」というのは「相互に」という意味です。
英語を話すには対話が必要ですよね。
このことを相互作用と言います

英会話も、ビジネス英会話も対話です。
ですから、この「INTERACT」は誰かと会話するために、必要なすべてが網羅されています。

内容は3パート。
・対話の土台
・対話の品詞
・対話の応用

「対話の土台」
発音、単語の選択、3つ会話の構成 7つのW&H、あいづちとか、動詞のミニマム化とかについて書かれています。

「対話の品詞」
会話に必要な品詞が全部、細かく書かれています。
ビジュアル化して、図案化して、すべてに例題をのせました。

S__27754498

「対話の応用」
最後は応用です。
英会話にトラブったときの対処法、人の誘い方、ビジネスアプローチについて、すべて英語で書いてあります。

これは本当に素晴らしいテキストです。coming soon!

【予告!】
3冊目はブルーのテキスト「EXPRESS」
これは対話ではなく、自己表現編です。
一人喋りのテキスト。
自己紹介の仕方とか、日本についてとか、肉じゃがの作り方とか、東京駅までの行き方とか、財務諸表の説明の仕方とか、そういったものを一人でずっと喋るってことを皆さんが可能になるテキストです。
一人で3分から15分喋り続けるって言うのは、もう立派な上級編です。
このテキストを4月から着手します。
年内コミットです。
お楽しみに!!

———————————-
■特典「誘客と英文法図案化シート」

なぜ専業主婦歴18年の私が口コミだけで700名の生徒を集められるようになったのか

■一般社団法人パズルイングリッシュ協会
http://puzzleenglish.jp/
———————————-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*