過去の英語力をお金に換える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語だけに限らない事ですが、何かの能力を活かして仕事をしてきたのに、それが続けられなくなる事ってありますよね。
女性だったら結婚や出産で会社を辞めてしまったりしたときです。
せっかく英語力を活かした仕事をしていたのに、それはとても残念なことですよね。
でもうまくクラスチェンジすることで、英語力を活かした仕事が続けられるんです、というのが今日のお話。

お金をたくさん稼ごうと思ったら、そのやり方は実は3種類しかありません。
1、優良企業、大企業に雇われること
2、自分で起業すること
3、投資、

この3つだけなんです。

1.優良企業、大企業に雇われること
これの問題点としては一度閉ざされてしまうと、復帰するのが難しいということです。
特殊技能でもない限り、なかなか難しい道です。

2、自分で起業すること
起業している人の他にも、特殊技能のある人はビジネスオーナーですから、ここに入りますね。
例えば、「先生」とか「カメラマン」とか「歌手」とか、そういった特殊技能のある人です。
英語の先生はここに入ります。

3、投資
英語の先生は先生になるための勉強をして、自分に投資していますから、投資もあてはまります。

私の教えるパズルイングリッシュでも最初は講座費用を払うので、そこは自分への投資です。
そして生徒を創ってビジネスオーナーになりますから、「2」と「3」が当てはまるわけです。
インストラクターというのは、今までの経験や自分がしてきた勉強、それらの知的所有権が力になる仕事です

今までのキャリアを活かしてクラスチェンジするということは、「1」にいた人が、「2」や「3」になるということです。

私の生徒で見事に「1」から「2」と「3」にコンテクストした人がいます。
とっても教え方が上手な彼女の事はまた次回お話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*