英語の効果的な教え方~1~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語のインストラクターになりたいと思っている人は、自分は英語ができる人です。
でも自分が英語ができるからといって、上手に教えられるとは限りません。
では、どうすれば効果的に英語が教えられるのかっていうのが、今日のお話。

英語を教えるための基本、
それはまず「英語と日本語は全く違う」ということを理解することです。

日本語は意味言語、言葉に意味があります。
一方、英語は組み合わせ言語、必ずSとVを組み合わせて文章にします。

主語のない日本語を瞬時にSVに変えなければいけません。
そのためのトレーニング法を知っていれば、効果的に英語を教えることができます。

教える生徒さんの個性についても考える必要がありますね。

人間はなにかを覚える時に、認識するパターンが3つあるんです。
・Verbal (言語)
・Auditory (聴覚)
・Visual (視覚)

書くのが得意な人はVerbal 。

耳で憶える人は Auditory 。

図や絵で理解する人はVisual です。

それぞれの特性に合わせて教えていけたらとても効果的なレッスンができます。

具体的なレッスンについては、明日から順番にお話ししていきますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*