だから教えやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膨大な英文法をたった7枚のシートにまとめた、とても分かりやすくて教えやすいメソッド
パズルイングリッシュメソッドが今日のお話。

日本語は、言葉の意味でメッセージを伝える意味言語です。
いろんな場面で「お願いします」って言えば伝わるんです。

レジに行って「お願いします」って言えば、「会計して」ってことだし、
パスポート出して「お願いします」って言えば処理してもらえますよね。
日本語の「お願いします」には、いろんな意味があります。

一方、英語は組み合わせ言語です。
必ずSとVの組み合わせでできています。
そこが日本語と英語の決定的な違いです。

人間が物事を認識するには、パターンが3つあるんです。
・Verbal (言語)
・Auditory (聴覚)
・Visual (視覚)

書くのが得意な人はVerbal 、言語派です
大事なことを箇条書きにしたり、文章で書いて理解します。

耳で憶える人は Auditory 。
しゃべるのも上手だし、聞くのも上手で、発音も良いですね。
このタイプの人は、相当速いスピードで英語を聞けるようになるので、英会話をマスターするのも早いです。

視覚で覚える人はVisual派です。
物事を図にして覚えていくタイプですね。

パズルイングリッシュは Visual でできています。
英文法を、すべて図や色、絵で理解していきます。
だから誰でもわかるし、すごく教えやすいんです。

パズルイングリッシュメソッドを作った時、ありとらゆる人が
「もっと早くこういうの教えてほしかった」って言いました。
留学した人も、留学から帰ってきた人もそう言いました。
そしたらあんなに苦労しなくて済んだのにって。

私はこのメソッドをもっと大勢の人に一刻も早く届けたいと思っているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*