私が欲しかった英語力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が、日本語と英語の決定的な違いをみつけたのは、友人に頼まれて英語を教えているときでした。
英文構造の中にある特定の法則を発見し、それをもとに新しいメソッドを作りましたっていうのが、今日のお話。

私は上智大学を卒業し、英検1級で、TOEIC980点の、とても英語ができる人でした。
でも上智大学にたくさんいたバイリンガルのようには喋れませんでした。
あんな風に喋りたいとずっと思っていたのです。

私の英語力で、外人が来た時にふつうに喋る事は可能だったし、短いアテンドをすることもできました。

でも私は、日本語を喋るように英語を喋りたかったんです。
難しい内容ではなくて、今思ったことをすぐに英語にして言いたかった。

でも、そのことを可能にするメソッドは巷にありませんでした。
ビジネス英語やトラベル英語の参考書はたくさんありましたが、どれも自分の頭の中にあることを英語にする方法については書いていませんでした。

全ての日本人の求める英語能力は、今思ったことは話したい、ということです。
ですから私の英語レッスンでは、「今喋っている日本語を英語にする」という日英トレーニングをやりました。
「今日はどこから来たんですか?はい、英語で!」って言うトレーニングです。

そのレッスンを繰り返すうちに、私はいつの間にか自分が思うような英語力を身につけ、今思っていることが喋れるようになっていました。
留学もしていないし、外人に英語を習ったわけでもない自分が、バイリンガルのように英語を話せるようになったのです!

私自身のその体験から、「英語を話したい」と思っている人は誰でも、今より簡単に英語を話せるようになるはずだと思いました。

文法を学ぶと英語の作り方が、分かります。
そして実際に英語を話せるようになるには反復練習が全てです。

文法は取り扱い説明書のようなもの。
簡単で少なくて分かりやすい方が良いのです。

私は、英語を話すための原理原則をA4の紙7枚の図案にしました。
これまで、ただ暗記していたセリフを出すだけだった英会話が、今思っていることを、瞬時に英語で表現できるようになります。

英語が分かるだけでなく、英語ができるようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*