日本語と英語の決定的な違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人には英語が苦手な人がとても多いです。
それはなぜなんだろう、ということを私は真剣に考えました。
そして日本語と英語には決定的な違いがあることに気付きましたっていうのが今日のお話。

日本語と英語は全く別の言語です。
そんなの当たり前だと思う方が多いかもしれません。
でも、何がどのように違うのかを分かっている人は実は少ないんです。

英語と日本語は何が違うのか、それを理解するのは英語を学習をする上でもとても重要なことです。

私は日本語を「意味言語」、英語を「組み合わせ言語」と呼んでます。

日本語は言葉自体に意味があるので、「意味」でメッセージを伝え合っています。
例えば
「ただいま」
「ごちそうさま」
などがそうです。

その言葉自体に意味があるので、それを言うだけで
「私はここに帰って来たよ」だったり、
「食事を食べ終わりました。ありがとうございます」などの意味が伝わります。

一方、英語は「組み合わせ言語」です。
S(主語)とV(動詞)の二つが組み合わさってできています。

「ただいま」は英語では「I am home.」ですね。
日本語の「ただいま」には主語も動詞もありませんが、英語は必ずSとVが付いてます。

「どういたしまして」は英語で「You are welcome.」です。
これも日本語にはないSとVが付いてます。

英語が喋れるということは、頭の中にある日本語を、SとV で出すということです。
日本語にはないSとVを瞬時に創作しなければいけないんですね。

このように、日本語と英語は構造が全く違います。
それなのに日本人は、あくまで日本語の枠組みの中から英語を学ぼうとしています。
構造も文化も全く違う言語なのに、日本語として理解しようとしている。
だから日本人は英語ができないんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*