私がインストラクターに求める資質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パズルイングリッシュはインストラクターを大切にする組織でありたいと思っています。
では、どんな人がインストラクターに向いているのか、というのが今日のお話。

パズルイングリッシュのインストラクターはティーチャーではなく、コーチです。
ティーチャーは分かるようにさせる人。
コーチは人をできるようにさせる人のことです。
インストラクターに求めるのは人を「できるようにさせる能力」です。

生徒さんを「わかるように」ではなく「できるように」サポートするんです。
そのために高い英語能力が絶対条件のように思われるかもしれませんが、実は英語の能力はあまり関係がないのです。
そもそも英語ができない人はインストラクターになろうとは思いません。
インストラクターの仕事は翻訳や通訳とは違います。。
専門知識や英語の能力というよりも、学びたい人たちを「できるようにする」資質が大事です。

インストラクターにとって一番大事なこと、
それは、目の前の生徒を「これ以上ないっていうぐらい力づけて部屋の外に送り出す」ということです。

インストラクターの仕事は、なにかを修正することじゃなくて、目の前の人に自信を与えることです。
やる気のない人なんて一人もいません。
何かができるようになるのって、凄いことです。
リピートが必要だし、苦しいことだってあるし、すぐ忘れちゃったりするし。
そのことを力づけたり、勇気づけたりするのがインストラクターの仕事です。

ではどうやって目の前の生徒を勇気づけるのか、それは「承認」以外にはないのです。
「承認のパワー」はこの世の何よりも効果的です。

いつもあなたを直したり説教したりする人よリ、あなたのそのままが素敵だって言ってくれる人と
一緒にいたいと思いませんか?

そして人を承認するためには、まず自分を承認することです。

人は自分が持っているものしか、人には与えられないのです。
勇敢な人しか勇気を与えられないし、愛のない人は愛は与えられない。
パッションのない人は、人を情熱的に動かすことはできません。
お金を持ってない人は残念ながらお金を与えられないですよね、例えあげたいと思っていても。

自分が持っているものしか、人に与えることはできないのです。
そして、自己承認がない人は、人を承認することができないんです。

インストラクターは目の前の人を承認するのが仕事ですから、
自分の独自性を尊重し、ありのままの自分を承認して生きてることがとっても大切なのです。

お金があるからでもなく、勉強ができるからでもなく、美人だからでもなく、状況がどんなふうでも
「この自分って最高」「ありのままの自分が大好き」って思っている人が私がインストラクターに欲しいあり方なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*