ディバイドリーディング第一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は英文を読むのがとても遅いです。
それはいちいち日本語に翻訳しながら読むからなんですね。
ディバイドリーディングをマスターすれば、翻訳しなくても英文が読めるようになるんですっていうのが、今日のお話。

日本人が英文を読むときは、いちいち日本語に翻訳する「翻訳リーディング」をします。
日本語と英語は全く違う言語なのに、ここでも英語を日本語としてとらえようとしちゃうんですね。
いちいち日本語に翻訳していると、とても時間がかかるので読むのが遅くなるんです。

一方、ディバイドリーディングは英文を英語のまま読んでいく「原文リーディング」です。
原文のまま読んでいくので、とにかく早いのが特徴です。

でも具体的にはどうやって読んでいくのか。
英文を( )と/で区切っていきます。
まずはVを探します。
ネイティブと同じやり方です。

Vの種類によって、瞬時に幹のピースが2個なのか3個なのか4個なのかを、判断します。
パズルイングリッシュメソッドの幹と枝葉の図を思い出してみてください。

I am. なのか
I am happy.  なのか
I give you money. なのか、

幹のピースが2個なのか3個なのか、幹は4個までしかないですからね、簡単です。
SとVが根幹です。
あとはSV単体で終わるか、そこに何かを補完して3個になっているか、もうちょっと複雑に4個になっているかです。
5個目はありません。
残りは全部枝葉です。

まずVの右側を見ます。
それで幹のピースの数が分かりますね。
幹のピースが分かったら、そこでスラッシュを入れます。
もうこれで9割の読解ができたようなものです。

幹の部分に何が書かれているかを確認します。
「私は今日走った」のね、とか「残念だと思っている」のね、とか。

あとは詳細部分の枝葉を情報として列挙していけばいいだけです。

日本人はSとVを見つけないうちに、枝葉のストーリーのに気を取られて、読解できなくなっちゃうんです。
あれ、何の話だっけ?ってなるんですね。

このディバイドリーディングをマスターすれば、タイムやニュースウィークまで全部読めるようになります。
それくらい簡単な方法なんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*