いつ、何と言ってクロージングするのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クロージングとは難しいことではなく、ただ「誘うべき時」に誘うことです。
ではその誘うべき時はいつなのかっていうのが、今日のお話。

いつクロージングすればいいのか。
誘うべき時です。
ではそれはいつなのでしょうか。

例えば、
男の子が女の子を誘うときのこと考えてみてください。
クラブに行って踊った後でしょうか?
楽しく会話が弾んだ後でしょうか。

誘うべき時は
目と目が合い、あ、お互い引きあってるなって感じたときです。
「出ようか」
これがクロージングです。
開始3秒でクロージングです。
以心伝心ってやつです
遊び人のプレイボーイまたはプレイガールでは、よくそういうことが引き起っています。

いける、と思ったらすぐに誘います。
それがクロージングのタイミングです。

その時に効果的なのは、なんと言ってクロージングするのかを決めておくことです。
クロージング出来る人の決め台詞はいつも一緒のはずです。
「登録しましょうか」って人もいるし、「手続しちゃいましょうか」って人もいるし、「ここに名前書いてください」って人もいます。
いつも同じ言い方で繰り返しましょう。

あらかじめクロージングの文句を決めておくんです。
でないとドキドキしちゃうからです。
決めておけば、誘うべきタイミングにそれを言うだけです。
それを言うのが癖になるくらいが良いですね。

私の決め文句は「うちに遊びに来る?」です。
すでに誘うのが癖になっています。
誰にでも言うから、みんなうち遊びに来てるわけです。
もう誘う必要がないのに誘っちゃうのは、「今度うち来てね」が「see you again」になってるからですね。
人は誘ってもらいたいから、決め文句はどんどん言った方が良いんです。
いろいろと検証をしながら、自分のクロージングの文句を決めておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*