クリアにする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はよく「人生の調子はどう?」とか
「100がマックスだとしたら今日は何パーセント?」と必ず人に聞きますが、
何かを始める前にこのことを聞くのがとても大切なんですっていうのが今日のお話。

物事が効果的に働くには3段階の過程があります。

例えば、自分の体のことを考えてみてもそうですね。
健康になるために、皆さんどうしますか?

まずは良い食べ物を食べるようにしますよね。
あとは運動したりとか。

でも良い食べ物を食べるだけじゃダメなんです。
それよりも前の段階で、人間って添加物とか重金属とか
いろんなものを取り入れてしまっていて、
それが毒として体にいっぱい溜まってるんです。

それをまずいったん外に出さないと。
デトックスですね。
解毒しするんです。
だから今、断食とかクレンジングとか流行ってますよね。

まず毒を出さないと良いものが体に入っていかないんですね。

そして
いったん毒を出したとして、
次に良い食べ物を入れたとしても、
実はそれだけじゃ体に吸収されないのは知っていますか?

そのいいものを食べても、
酵素がないと分子レベルで入っていかないんです。
つまり吸収されやすいように細かくするんでしょうね。

だから、まず最初にデトックスをして、
次に良い食べ物を入れます。
そして同時に、酵素を取り入れるという三段階があるんですね。

実は物事はそのようになっているのです。

英語のレッスンをしようとしても
まず悩み事があったらどうですか?
家庭がうまくいってないとか
借金に追われているとか、
夜眠れないとか
そんなことがあったら、英語どころじゃないですよね。
そんな時に時制助動詞なんて言われたって頭に入ってきません。

クリアにするっていうのは、そういった気がかりをきちんと扱うってことなんです。
これがまず一段階目。
デトックス状態ですね。

クリアリングっていうのは、問題を解決することとは違います。
クリアにするって言うのは問題をこの時間少し部屋の外に置いておいて、
部屋を空にして、真っ白にするっていうことです。

そのために気になっていることを正直に言うだけです。。

意識レベルで、「あることをあるようにすると消える」って言う原則があるんです。
でもあるのにないようにしてたり、無理に直そうとしたり、変えようとしていたら
それはずっと継続するそうです。

痛いのに我慢してたり
ツラいのに「大丈夫」って言うと、それはずっと存在し続けるんですね。

「あの人のことは恨まないようにしようと思うの」
なんて言ってる時点で、もう恨みが継続しているわけです。

だから、今の気がかりをそのまま言ってクリアにするわけです。
「今ガッカリしています」とか「怒っています」とか。主に感情を見るとわかりやすいですよね、

よく人前で話すときに「あがっています」という人がいますが、
あれはあがっていることをクリアにするテクニックです。
感情をリリースするとそれが消えるからです。

クリアにした後で良い情報をいれ、正しい選択をする。

良い情報を入れるためには、まずクリアにするというプロセスが必要なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*